新商品かっぱ麺

みちのくの麺産地 須賀川市

岩瀬キュウリ

福島県須賀川市(旧須賀川町)の麺業の歴史は古く、明治の初期には家内工業として麺を作るものが約80軒近くあったと言う記録もあり、みちのくの麺産地として古くから知られています。


この地方独特の「ウーメン」という名称は、うどんとそうめんの中間という意味合いから呼ばれたのが、始まり。 「ウーメン」と称するのは全国でここ須賀川近辺と宮城県の白石だけと言われています。


東北一を誇った須賀川麺も大正年代には、業者も38になり、現在では、乾麺・生麺合わせて、3業者が生産していますが、長い歴史を持つ伝統の味は、全国的に見ても最高級の品質を誇る逸品です。業界からも一目置かれ、今なお愛され続けています。※参考・参照文献:『須賀川市史』

高橋製麺の歴史

銘品と呼ばれるものには、伝統に育まれてきた確かな技があります。 明治初期、初代より培ってきた麺作りの技術。現代創業百有余年、高橋製麺の暖簾は四代目へと受け継がれています。

麺へのこだわり

独特のつるりとしたノド越しと風味のある高橋製麺の「麺」。 原料の小麦粉は、商品によって国内産と、麺づくり用小麦の生産に適した気候を持つオーストラリア産を使い分け、質の高い一等粉を使用しています。多加水熟成製法により、ていねいにゆっくり練り上げた麺です。 ミネラル豊富な地下深くからくみ上げた天然水を使用し、小麦粉に対し、最大限水分を含めることで、まるで手打ち麺のようなツルツルのノド越しとコシをお楽しみいただけます。

高橋製麺

お問い合わせ

電話でのご注文・お問い合わせ
0248-75-6494
受付時間:8:45~18:00

FAXでのご注文・お問い合わせ
0248-76-5003

ご注文書ダウンロード

お知らせ

Loading...
  • 須賀川名物かっぱ麺のご紹介
  • 牡丹園のそばのそばや つれづれ庵
  • 明治時代から続く高橋製麺の歴史